So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

歳入庁創設に前向き=「組織改廃は当然」−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は27日午後の記者会見で、鳩山由紀夫首相が参院選後に中央省庁再編の検討に着手する考えを示したことに関し、国税庁と社会保険庁を統合する歳入庁を具体例として挙げ、「こういう組織の強化、改廃という考え方は当然あってしかるべきだ」と強調した。歳入庁創設は、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に明記されている。
 平野氏は、幼稚園と保育所の所管一元化についても「流れの中で、子どもに対する役所はどうしていくんだという議論が起こってくることは予想される」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
怒鳴る客も粘り強く説得=声掛け「プロ」が秘訣−振り込め阻止の2人・警察庁(時事通信)
寺に強盗、200万奪う=住職ら電気コードで緊縛−京都(時事通信)
大阪・南署に収容の泥酔男、保護室で放火(読売新聞)
普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民(時事通信)

映画にあこがれて…駐輪場荒らし 容疑の16歳少年ら逮捕(産経新聞)

 ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットらが演じる窃盗団が活躍するアクション映画「オーシャンズ11」にあこがれて駐輪場荒らしを繰り返したとして、警視庁少年事件課は窃盗の疑いで、解体工の少年(16)ら、いずれも東京都足立区在住の16歳の少年少女4人を逮捕した。今後、別の無職少女(16)についても、同容疑で書類送検する予定。

 解体工の少年は「14歳のころ、親の知人だったプロの泥棒からテクニックを学んだ。映画を思い描きながら犯行に及んだ」と話しているという。

 同課によると、少年らは「足立メンツ」という窃盗グループを名乗っており、「昨年6月ごろから賽銭(さいせん)泥棒や事務所荒らしなどを約60件やり、80万〜100万円稼いだ」と容疑を認めている。

小沢氏の土地購入 首相、疑義示す/前原氏「政治資金での購入」を批判(産経新聞)
35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生(J-CASTニュース)
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半(時事通信)
石川議員側の準抗告棄却=10日間の拘置延長で−東京地裁(時事通信)
四つの翼を広げて滑空=小型羽毛恐竜の模型で実験−鳥類飛行の起源か・米中チーム(時事通信)

歌手の故浅川マキさん・お別れの会(時事通信)

 故浅川マキさん(歌手、17日死去)のお別れの会 3月4日正午から午後8時まで東京都新宿区新宿2の12の4アコード新宿地下1階のライブハウス「新宿ピットイン」で。問い合わせはEMIミュージック・ジャパン 電話03(6830)8333(平日のみ)。 

障害者自立支援法 和歌山地裁和解へ(産経新聞)
<雑記帳>飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)
<裁判員裁判>障害ある候補者に手話通訳手配せず 高知(毎日新聞)
最優秀論文に「防災学習」など=東京書籍教育賞(時事通信)
新型インフル 輸入ワクチン不要 46都道府県希望せず(産経新聞)

城ブーム!1000円高速乗り「歴女」参上(読売新聞)

 城を訪れる観光客が増えている。

 「歴女(れきじょ)」と呼ばれる歴史ファンの女性が増えたことや高速道路の利用料割引が背景にあるようだ。各地の城郭は「この機を逃さず、魅力を広めたい」と集客にいっそう力を入れている。

 加藤清正が1607年に築いた熊本城(熊本市)。入場客数は近年、80万〜100万人程度で推移していた。しかし、藩主の住居だった本丸御殿大広間を復元・公開した2008年には約204万人、09年も約177万3000人を集めた。

 週末にもなると、城周辺の駐車場は県外ナンバーの車が目立つ。人気俳優の妻夫木聡さんが主演したNHK大河ドラマ「天地人」のロケも城内で行われたこともあってか、熊本城総合事務所は「若い女性や県外からの入場者が増えている」と話している。

 ほかの城郭も同じ傾向にある。岩国城(山口県岩国市)には09年、約15万5000人が訪れ、08年より1万4000人以上増えた。「女性グループをよく見かけます」と市観光課。小倉城(北九州市)の入場者は07年の約9万4000人から、09年は約11万4000人に。今月上旬、天守閣を見学して回った福岡県久留米市の女子大学生(21)は「一番好きな時代は幕末。お城はタイムスリップしたみたいで楽しい」と声を弾ませる。

 高速道路のノンストップ自動料金収受システム(ETC)割引を活用した来訪者も目立つ。

 島原城(長崎県島原市)では入場者が年々減り、07年は約21万9000人にまで落ち込んだ。しかし08年から増加に転じ、09年は約24万9000人に上った。女性客の増加に加え、ETC割引が始まった昨年3月以降は、関東など遠方のナンバーの車が目立つようになったという。

 これを機に城の魅力を発信しよう、と島原城振興協会は小学生向けの歴史講座や城内梅園での茶会といったイベントを次々に展開。「女性に人気の福山雅治さんが主役のNHK大河ドラマ『龍馬伝』は長崎も舞台になる。さらに長崎への旅行者も増えそう」と同協会。

 09年の来館者は15万4000人と前年並みだった県立佐賀城本丸歴史館(佐賀市)は3月、佐賀城のいろいろな話題を出題する検定試験「佐賀城本丸けんてい」を初めて実施する。

 06年に「日本100名城」を選定した日本城郭協会(東京)は「城は地域の歴史を知り、文化を楽しむのに最適の場所」と話す。「現在の人気がブームに終わることなく、さらに城への理解が深まってほしい」と願っている。(堀家路代)

小沢氏捜査 千葉法相「「公正公平、適正に行われていると承知」(産経新聞)
「大阪にカジノを」橋下知事、ベトナム・シンガポール視察へ出発(産経新聞)
<浅田次郎氏>函館朝市組合に謝罪 カニ「宅配詐欺」と記述(毎日新聞)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)

府立大冠高校に50メートル巨大壁画 思春期の心開くアート(産経新聞)

 ■海の世界に癒やされて

 アートの力で患者を癒やす「ホスピタルアート」の普及に取り組むNPO法人(特定非営利活動法人)「アーツプロジェクト」(大阪府吹田市)が手がけた全長50メートルに及ぶ巨大壁画が、大阪府立大冠(おおかんむり)高校(高槻市)に完成。廊下一面に描かれた豊かな海の世界が、多感な年ごろの生徒たちの癒やしとなっている。

 壁画は、校舎を入った正面の廊下の壁に描かれた。頭上に冠を頂いて優雅に泳ぐ魚やふわふわと漂うクラゲ、勢いよく墨を吐くタコなどがパステル調のやわらかな色彩で描かれている。壁のガラス窓にも赤や黄、青など色とりどりのセロハンが張られ、ポップ感を演出。登校した生徒たちを明るく出迎えてくれる。

 将来への希望と不安が交錯する思春期。不安定になりがちな生徒たちが心の内を話しやすい雰囲気をつくりたいと、相談室を正面玄関近くの一室に移す計画に併せて学校側が昨夏、アーツプロジェクトに壁画の制作を依頼した。

 これまでにいくつもの病院で患者の心を癒やす壁画やオブジェなどを手がけてきたアーツプロジェクトだが、学校を舞台にするのは今回が初めて。

 スタッフの室野愛子さん(30)は「先生たちの生徒を思う気持ちに共感した。アートの力で癒やしの空間を生み出す手伝いができればと思った」と振り返る。

 病院での実績を重ねているアーティストの藤井朝陽(ともよ)さん(23)が原画をデザイン。長い廊下に、あらゆる生命の源である海の世界を描き出すことにした。「いのち」を身近に感じながら、気軽に相談室に足を運べるような明るい空間に、との思いがこもる。

 昨年末から制作に取りかかり、生徒や教員の有志も参加。ボランティアの協力も得て、今月中旬に完成した。企画の発案者でもある小山正辰校長は「生徒が自分の心と向き合うシンボルになってほしい」と期待。

 生徒らは「やさしい気持ちになれる」「学校の雰囲気があたたかくなった」と話しており、好評だ。

 室野さんは「アートは人々の心に何かを与えることができる。壁画が生徒と先生をつなぐ助けになればうれしい」と話している。

「高コスト体質」脱却戦略 日本航空はスカイマークに学べ(J-CASTニュース)
<自民党>資金提供問題で鳩山邦夫氏聴取を検討へ(毎日新聞)
仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
普天間、5月決着変わらず=官房長官(時事通信)
<訃報>大塚雄司さん80歳=元建設相、元自民党衆院議員(毎日新聞)

犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは(産経新聞)

 「妹にプレゼントする指輪がほしい」。宝石を買うふりをして、品物を盗み出す強盗事件が、昨年末から立て続けに発生した。現場は約9800キロ離れた東京と台湾の台北。「見ず知らずの女性に声をかけ店に入る」「贈り物を選ぶふりをして盗む」など共通点が多く、現地警察は「同一犯」との見方を示している。手口の“元ネタ”は、人気漫画『クロサギ』との指摘も浮上。大胆な宝石強盗の正体は−。

■「私は日本人」…でも「大阪ってどこ?」

 台北市中心部にそびえる超高層ビル「台北101」。高さは509メートルで世界第2位。1〜5階はショッピングセンターになっていて、アジア諸国からの観光客も大挙して押し寄せる。

 そんな台湾屈指の観光名所で事件は起きた。

 比較的人込みの少ない今月12日午後。たどたどしい英語で、台湾人の女子大学生(23)に声を掛ける1人の男がいた。年齢は40〜50歳ぐらい。「わたしは日本人。妹が結婚するので指輪を買いたい。店で通訳を頼みたい」

 もちろん「台北101」には当然日本人も多く訪れている。女子大学生は、不信感も持たず承諾した。2人はまず4階の喫茶店に移動し、コーヒーを飲んで40分ほど雑談した。会話の中で女子大生は「東京?大阪?」と出身地を聞いたが、男は「大阪」を全く知らない様子で、話を流した。

 その後、2人は男性に導かれ、2階にある高級宝石店「De Beers」に向かった。

 男は、店員に指輪をいくつか出すよう求め、自分の指にはめ、品定めをした。しばらくながめた後、店員に「ほかのもみたい」と依頼。一瞬、店員の注意がそれたすきに逃走した。指には当然、指輪をつけたままだ。

 置き去りにされた女子大生は呆然(ぼうぜん)とするしかなかった。

■遺留品に「チンタオビール」、英語は韓国語なまり?

 現地の報道などを総合した台北市での犯行の様子だ。盗まれた指輪は2個で、被害額は1235万台湾ドル(約3500万円)に上る。

 防犯カメラの画像を分析すると、逃げたのはアジア系の外国人で、年齢は40〜50歳ぐらい。身長は170〜180センチとみられている。

 台湾紙・中国時報のインターネット版「中時電子報」によると、男は現場にかばんを残していて、中には開封していない簡易歯ブラシや靴下といった日用品のほか、中国のビールである「青島(チンタオ)ビール」が入っていたという。

 台湾紙・自由時報(電子版)は、男について「現場から、犯人のはっきりとした指紋も採取された」「おそらく中国籍」と報道。しかし地元テレビ局・TVBS(電子版)は「韓国語なまりの英語だった」としていて、一致しない。

 警察当局は、歯ブラシが台北市内の宿泊施設で提供されたものだとみて、宿泊者名簿などを調べている。防犯カメラの画像をもとに、似た男が出入国した形跡がないか目を光らせている。

■「指輪を買いたい」「犯行前にお茶」…手口酷似

 台湾の警察当局が着目したのは「台北101」の事件が、東京・新宿で年の瀬に起きた強盗事件ときわめて似ていることだ。

 新宿の事件は、12月31日午後6時ごろ、東京都新宿区新宿のデパート「新宿三越アルコット」1階にある高級ブランドショップ「ティファニー」で発生。客を装った男が指輪4点(1500万円相当)を盗み、逃走した。店員が追いかけたところ、男は突然振り向きざまにエアガンのようなものを向けたが、弾は発射されず、けが人はいなかった。

 一連の手口はきわめて「台北事件」に似ている。

 警視庁幹部によると、男は犯行数時間前、歩いていた港区内のウェイトレスの女性(26)に英語で声を掛け、「母親と妹に指輪を買いたい。売っているところを案内してほしい」と頼んだ。女性を安心させるためか、宝石店を訪れる前に男は、近くの飲食店で女性にアイスコーヒーをごちそうしている。

 女性は韓国語が堪能で、男の英語のイントネーションから「韓国人だ」と直感したという。だが、女性が韓国語で語りかけると男は英語で「自分は中国人。北京から観光で来た。10日間ぐらい滞在しており、もう帰国する」と答え、“中国から来た”ことを強調したという。

 2人は午後5時20分ごろ、ティファニーに入店。応接セットのイスに女性と座り、品定めを始めた。約40分が経過した午後6時ごろ、男は「高いものを見せてほしい」と切り出し、指輪4点(計約1500万円相当)を両手の指にはめた。そして、店員が別の指輪を片づけようと目を離したすきに逃走した。

 手口がそっくりなほか、防犯カメラに写った男の容姿も、「台北事件」と、ほぼ一致する。台湾の地元報道によると、台北市の警察当局は「犯人は同一人物」と断定。日本の警視庁と連絡を取り合っているという。

■“元ネタ”は漫画?

 宝石を試着したまま白昼堂々逃走するという手口は特徴的だが、一部台湾メディアは“参考文献”があるのではないかと指摘する。

 地元テレビ・民間全民電視公司(民視)やTVBSは、日本の人気漫画『クロサギ』との類似点について報道した。『クロサギ』は、悪事を働く詐欺師をさらにだます詐欺師を描いたストーリーで、台湾でも『詐欺獵人』の題名で出版。高い人気を得ている。

 地元報道によると、“元ネタ”は単行本第5巻に収録されている「宝石詐欺」という一編。男が高級宝石店前で見知らぬ女性に「娘の誕生日に内緒で指輪を買ってあげたい」「一緒に選んでほしい」と声を掛けて誘い、指輪を選んでいるすきに盗んで逃走するという内容で、一連の事件と類似している。

 TVBSは「犯行に利用されるとは、恐らく作者は初めは想像しなかったのではないか」と記事を結んでいる。

■「日本はセキュリティーの甘い国」

 ただ、台湾メディアの盛り上がりとは裏腹に警視庁は冷静だ。まだ台湾の警察当局から捜査資料を受けておらず、同一犯かどうかは断定していないという。「台湾の画像が届いていないし、何とも判断できない」(警視庁幹部)

 都内では、外国人とみられる犯行グループが貴金属を狙う事件が相次いだ。東京・銀座の貴金属店「天賞堂」では2日、壁に穴が開けられ、高級腕時計約200点(2億4500万円相当)が盗まれた。犯人は隣接するビルの壁に圧力をかけて壁を破壊し、内部に侵入していた。この事件では、盗品を所持していた香港人の男らが、香港の刑事当局に拘束されている。

 捜査関係者は「景気が後退しているとはいえ、犯罪組織にとって、日本はまだ『裕福』で『セキュリティーの甘い国』という印象が強い」と断言。「外国人を助けたいという親切心もあって、宝石店に着いていってしまうのだろうが、用心に用心を重ねる必要がある」と注意を呼びかけている。

【関連記事】
台北の強盗、新宿「ティファニー」事件と同一犯か
“拳銃”片手にデパート駆ける 警視庁、新宿のティファニー強盗の映像公開
新宿のティファニー強盗、エアガン使用か 店外に弾倉
新宿のティファニーで宝石強盗 外国人の男逃走
ティファニー、宝石類を平均5%値下げ

<訃報>杉下雅章さん74歳=元新光証券会長(毎日新聞)
規正法違反 有権者欺く「実質犯」(産経新聞)
中2少女、何回も大麻「捕まってほっとした」(読売新聞)
小沢氏、検察と断固闘う=続投を正式表明−民主党大会(時事通信)
<学力テスト>誤答指さし再考促す…東京・足立区立中の教員(毎日新聞)

民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封(産経新聞)

 民主党本部(東京都千代田区)やテレビ朝日(港区)に、銃弾のようなものとともに小沢一郎民主党幹事長の政治姿勢や、小沢氏に関する報道などを批判するような文書が郵送されていることが19日、分かった。警視庁は脅迫容疑で捜査している。

 麹町署によると、18日午前11時40分ごろ、民主党本部から「郵便物を開けたら、拳銃の弾のようなものが入っている」と通報があった。封筒はB5版ぐらいの大きさで、中にはティッシュにくるまった拳銃の実包のようなもの1個と、小沢氏の政治や外交姿勢を批判する内容が手書きで書かれたA4版の紙が入っていた。封筒には横書きで、「民主党 小沢一郎様」と書かれていた。封筒には東京都以外の消印が押されていたという。

 またテレビ朝日によると、同本社に18日送りつけられた封筒に銃弾のようなものと文書が入っていた。文書は「マスコミ各位」という言葉で始まり、小沢氏に関する報道への批判と思われるような文章が手書きで書かれていた。差出人名の有無や消印などについては「捜査中のため申し上げられない」としている。

 小沢氏をめぐっては、先月25日、千代田区永田町の衆院第1議員会館の同氏の事務所で、銃弾1発が入った封筒が郵送されているのが見つかっている。封筒には「千代田区永田町2丁目 議員会館内 小沢一郎殿」と黒いペンで手書きされ、消印は数日前で都内の郵便局だった。麹町署は字体などから、今回の事件との関連性は低いとみている。

【関連記事】
石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述
山崎建設、宮本組を捜索 特捜部、小沢氏土地購入事件で
政治の混乱“重荷” 東京株小幅反発でスタート
小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相
「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺

再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
首相「聴取受けるかは小沢幹事長の判断」(読売新聞)
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者(産経新聞)
<訃報>清水勇さん84歳=元社会党衆院議員(毎日新聞)

穀物供給国の事情視察へ=安定調達に布石−政府(時事通信)

 政府は、世界的な穀物供給国である旧ソ連、南米諸国の農業関連視察を積極化する方針だ。生産体制や保管・搬送施設の整備状況などが対象で、これらの国へ経済協力を実施する前提として、現地情報の収集を図る。
 世界の人口増と中国、インドなど新興国の需要急拡大で、小麦やトウモロコシ、大豆などに将来の需給逼迫(ひっぱく)が確実視される。これを見越し、供給国との関係強化を通じて穀物の安定調達に布石を打つことを目指す。
 第1弾として昨年12月、外務、農林水産両省の職員らがウクライナを一週間にわたり訪問。同国政府関係者との意見交換のほか、首都キエフと黒海沿岸都市オデッサを結ぶ幹線道路や、穀物の集荷施設などを視察した。他の国も、相手国政府の意向を踏まえて職員の派遣を検討する。 

【関連ニュース】
来年参院選での是正断念=1票の格差、次々回に持ち越し
バンコク宣言採択し閉幕=アジア大都市ネット
首長連合に参加へ=「分権に声上げる」

実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
4歳児虐待死の母に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)
家庭で環境に良いことを実践しているのは妻がダントツ(産経新聞)
MDMA受領認める=押尾容疑者、泉田被告から−女性急変時刻、徐々に訂正・警視庁(時事通信)
鮒市 1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島(毎日新聞)

<新品種>春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)

 放射線の一種を照射して突然変異を誘発し、春と秋に咲くサクラの新品種を、理化学研究所などがつくった。室内では一年中咲かせることが可能という。

 研究チームは、山形県などで栽培され切り花として出荷されている「敬翁桜(けいおうざくら)」の枝10本に06年、加速した炭素イオンを照射し、接ぎ木により育てた。このうちの1本の系統は、温室で栽培すると季節を問わず一年中、花をつけた。野外では、春と秋の二つの季節に咲いた。ピンクの一重の花をつける新品種は「仁科乙女」と名付けられた。

 通常、日本のサクラは夏に花芽ができ、晩秋に休眠に入り、冬の寒さで目覚めて春に開花する。新品種は低温にさらされなくても、いつでも咲くという。また、冬の間低温にさらすと、4月の開花ではもとの品種の3倍も花をつけ、花持ちも長くなった。

 理研の阿部知子チームリーダーは「遺伝子の変異で、開花に寒さを必要としなくなったとみられる。この方法は傷つく遺伝子が少なく、育種年限を短くでき新品種開発にも有効だ」と話している。

 仁科乙女は3月から、一般向けに1株8000円程度で販売予定という。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
白いトラ:五つ子の赤ちゃん…チリの動物園で誕生
ウナギ:祖先は深海魚? 川を上り、海で産卵の謎解明も
掘り出しニュース:リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で
トラ:白い五つ子、こんにちは−−チリの動物園
白いトラ:五つ子の赤ちゃん…チリの動物園で誕生

JR西運転士を現行犯逮捕=女子高生のスカート内盗撮−滋賀県警(時事通信)
<火災>群馬で民家全焼 1人死亡(毎日新聞)
民主、広がる動揺=小沢氏進退、口つぐむ(時事通信)
<国交省>固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で(毎日新聞)
<豊浦町長選>新人と現職が届け出 北海道(毎日新聞)

センター試験開始へ=55万人が挑む(時事通信)

 約55万人が出願した大学入試センター試験が16日午前、全国の725会場で始まる。新型インフルエンザの流行を受け、大学入試センター(東京都)は志願者にマスクの着用などを求めたほか、患者が無理に受けて感染が広がらないよう、追試験の受験申請を事前に受け付けた。
 試験は2日間。16日午前は公民、地理歴史が実施され、午後は国語、リスニングを含む外国語が行われる。
 すべての国公立大に加え、私立大でもセンター試験を入試に使う動きが広がっており、利用する大学・短大は過去最多の計811校。志願者数は昨年より9387人多い55万3368人となった。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用
ワクチン輸入、審議会が了承=初の特例承認、厚労相判断へ
過去問、機器とも再利用=センター試験

核廃絶へ主導的役割を=19日訪米、市長会議で要請−秋葉広島市長(時事通信)
自民党がどう変わろうと国民には関係ない(産経新聞)
<銀座貴金属店窃盗>警視庁、香港警察と本格的な情報交換へ(毎日新聞)
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
直木賞に佐々木譲氏、父子受賞の白石一文氏(読売新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。