So-net無料ブログ作成
検索選択

小林秀雄の未発表音源みつかる 『本居宣長』への執筆意欲語る(産経新聞)

 近代批評を確立した文芸評論家、小林秀雄(1902〜1983年)が、晩年の大作『本居宣長』を書き始めた直後、その構想について語った講演の未発表の音源が25日までに発見された。『本居宣長』の連載開始の年に、江戸の国学者、本居宣長の学問への姿勢を「豪傑」だったと語り、「その姿を書きたい」との強い意志を吐露している。11年にわたった晩年のライフワークの構想がうかがえる貴重な史料だ。

 音源は昭和40年11月27日、国学院大学大講堂(東京渋谷)で行われた公開学術講演会を収録したもので、同大の資料館に保管されていた。昭和20年代から温めていた『本居宣長』の連載を文芸誌『新潮』40年5月号から始めたばかりで、本居の学問に対する姿勢を学生に語っている。

 講演の冒頭で、小林は静岡伊豆で同宿した画家、梅原龍三郎が半年をかけて富士山を描いたとき、季節の変化に合わせて山頂の雪が解け、稲穂が育つなど絵も変化したことを引用。小林の連載も、「書きあがるまで分からない」と語りながらも、本居という人間を書きたいと意欲をみせた。

 本居は『古事記』などの実証的研究で知られるが、4畳半の部屋で35年をかけて『古事記伝』を書いた人間、宣長の豪傑ぶりを書きたいとも述べている。

 小林は、当時の学者にとって読書とは『論語』『万葉集』『源氏物語』など古典を熟読するもので、繰り返し読み、合点し、違いを知るという本への向き合い方は恋愛に似ていると指摘。こうして古典と交わり、考え、自分しか言えないことを見つけようと苦しむことが学問で、当時の「思って得る」姿勢は、現代の「事実を学んで知る」という客観的態度と大きく隔たると語った。

 当時と現代との隔たりを埋めるには想像力が必要であり、想像力を働かしてどういう人間であっただろうか見るのが歴史だという『本居宣長』全編に貫かれた姿勢が、講演ですでにみてとれる。

 中江藤樹や伊藤仁斎、荻生徂徠(おぎゆうそらい)ら儒学者のほか、国学の祖といわれる契沖(けいちゆう)が自殺しようとした話などにも触れており、連載開始時、本居に関するほぼすべての文献を読み込んでいた様子が分かる。宣長が和歌の学問に目を見開いたきっかけにもふれている。

 資料館から音源を探し出した同大の石川則夫教授は「録音したリールを見つけたとき再生する機械をさがすのに苦労した。音源をテープダビングし、速度を落とす方法で再生し、教え諭す口調が聞こえてきたときは感動した。学問に対する考え方を学んだ」と語る。

 講演は、同大学術誌『国学院雑誌』最新号で背景を特集中。音源は4月9日発売の『小林秀雄講演』CD(新潮社)で発表される。

【関連記事】
「郷土の偉人」商標登録めぐり食い違い
正岡子規の未発表句発見 自筆の選句集に収録
太宰の旧制高校時代の写真発見 あどけなさ残る柔和な表情
宮沢賢治の“新作” 生家の蔵から未発表詩の草稿発見
気分はもう時代劇、志士や新選組も見た「八坂ノ塔」

【こども】利き手とどう向き合うか 矯正の心的負担かけず見守る(産経新聞)
自動二輪車利用者アンケート実施中…駐車場整備(レスポンス)
プルデンシャル元社員、起訴内容認める=インサイダー事件−東京地裁(時事通信)
アリバイづくりの“小沢氏への進言” 首相、指導力発揮できず(産経新聞)
東急運転士がわいせつ!8万円窃盗も(スポーツ報知)

「春節」アキバ盛況 中国人観光客「炊飯器20台」(産経新聞)

 ■まとめて200万円お買い上げ

 中国の旧正月「春節」に伴う大型連休(13〜21日)に日本を訪れた中国人観光客で、東京・秋葉原の家電量販店やデパートがにぎわっている。カメラや炊飯器、化粧品が人気で、100万円分をまとめ買いするケースも。デパートではブランド品が飛ぶように売れていく。不況の日本を尻目に経済成長著しい中国。今後、「春節商戦」は日本の風物詩にもなりそうだ。(千葉倫之)

 「何というか、すごい。90万円のカメラと20万円のレンズや付属品を『これとこれとこれ』。全部で200万円超です。日本にそんな人いません。炊飯器を20台買った人もいます」

 東京・秋葉原の家電量販店「ヨドバシマルチメディアAkiba」。3階の外国人客向け売り場で、担当者は笑顔をみせた。

 一角には炊飯器や電気シェーバーといった売れ筋商品がズラリ。中国人観光客とおぼしき家族連れらが、手にとって品定めし、熱心に店員に質問していた。「最佳礼品(おみやげに最適)」といった中国語の案内表示があちこちにあり、中国向けの専用発送スペースも。隣にはカメラ、高級時計、ブランド品コーナーがあり、浴衣など日本らしい土産物も並ぶ。

 客単価は20万円前後。カメラと機材一式をそろえたり、ブランド時計などをまとめ買いし、「100万円を超える人もいる」(担当者)。春節商戦での売り上げは、昨年比で2、3割増だという。

 「争奪戦」は、中国出国前から始まっていた。ライバルのビックカメラは中国の空港で、最大13%割引となるクーポンを配布。中国語を話すスタッフを主要店舗に配置し、誘客を図っている。

 「自分用に高いもの、お土産用に1、2万円の手ごろなものをいっぱい買う。カメラやシェーバー、スキンケア用品が人気」(同社)。同じ日本メーカーでも、海外製でなく「メード・イン・ジャパン」がポイントだ。売り上げは昨年の2倍の勢いだという。

 秋葉原と双璧(そうへき)をなす買い物スポット、東京・銀座。連日バスが乗り付け、デパートやブランド店に中国人観光客が吸い込まれていく。

 銀座三越では春節期間、中国語を話せるスタッフを増員して対応した。「化粧品が圧倒的な人気。包装がきれいな和菓子も売れている」(広報)。13、14の両日の売り上げは、過去最高だった昨年同期の2倍だという。

 平成21年の訪日中国人観光客は前年比0・6%増の101万人で、国別では唯一の増加。日本での物品購入額は平均7・87万円と、各国平均の4・65万円を大幅に上回る。中国人が海外旅行の支払いで使う「銀聯カード」の国内決済総額も年々増え、21年には200億円に達した。

 「2月は国内商戦の端境期。この時期の売り上げ増はありがたい限り」(ビックカメラ)。日本に春節商戦が根付く日も近そうだ。

郵政民営化の危機=自民・中川氏(時事通信)
都の駐車場 管理業者、利益上乗せか 選定時と契約時、収支計画に差(産経新聞)
<五輪フィギュア>元気もらった 9歳で逝った子から安藤(毎日新聞)
空自千歳基地でF15の20ミリ訓練弾破裂(読売新聞)
「FBI型」でグローバル犯罪を捜査 警察庁(産経新聞)

<交通安全>日本のルールを覚えよう 外国人にセミナー(毎日新聞)

 三重県鈴鹿市の外国人支援NPO法人「愛伝舎」が20日、同市内で外国人を対象にした交通安全セミナーを開く。ブラジル人の男4人が逮捕される死亡ひき逃げ事件が1日に名古屋市熱田区で発生したばかり。セミナーの準備を進める同NPO職員の一人、日系ペルー人の伊波オスカルさん(29)は「日本人の信頼を得るためには、外国人もルールを覚えないといけない」と参加を呼び掛けている。

 県の委託事業で、県警職員らが飲酒や無免許運転の違法性、標識や保険制度などについて解説する。伊波さんは企画を担った。

 伊波さんは今回のひき逃げ事件で、南米系外国人への偏見が広まることを心配している。セミナー開催は事件前に決まっていたが、伊波さんは一人一人が交通ルールを守ることが偏見を食い止めることにつながると感じ、外国人の集まる店を自ら回ってチラシを配っている。

 伊波さんは95年、先に日本で働いていた親を頼って14歳で来日した。09年2月に愛伝舎に就職するまでは、製造業で派遣社員として働いた。現在は結婚して2児の父で、今後も日本で住み続けたいと願っている。

 05年、広島市で小学1年の女児が殺害される事件が起き、ペルー人の男が逮捕された。事件から間もなく、伊波さんがコンビニエンスストアに入ると、日本人客が後ずさった。その時の悲しさは今も消えない。

 伊波さんは「日本のルールや文化を覚えないと『外国人はトラブルばかり起こす』と言われてしまう。『外国人差別だ』と言うだけでなく、自分たちも変わらないといけない」と主張する。【岡大介】

元看護師の被告、保険金殺人で死刑回避を訴え(産経新聞)
内部留保課税 首相「共産が持ってきたから検討」(産経新聞)
<町田市長選>小沢幹事長が応援で現地入り 逆風で危機感(毎日新聞)
自民、派閥解消を検討…「古い党の象徴」(読売新聞)
<公務員制度>次官〜部長「同格」に 政府方針(毎日新聞)

新作用機序のがん治療薬の独占開発・販売でライセンス契約―中外(医療介護CBニュース)

 中外製薬は2月19日、大腸がん、卵巣がんを対象に新しい作用メカニズムであるヘッジホッグ経路阻害剤「RG3616」の開発に乗り出すと発表した。親会社のスイスのロシュ社が海外で皮膚がんなどを対象にフェーズ2試験を実施しており、中外製薬は日本での独占的開発・販売権を取得した。

 がん細胞の細胞膜には、胎児期に器官の形成に関与する重要な因子であるヘッジホッグ経路に主に関係する二つのタンパク質が存在。それぞれにシグナルの伝達を起こす働きと抑えようとする働きがあり、ヘッジホッグタンパク質が前者のタンパク質に付着すると、細胞内にシグナルが伝達され、がん細胞の成長を促す。これに対し、「RG3616」は後者のタンパク質に付着し、シグナル伝達を妨げる効果があり、がん細胞の成長を抑える

 中外製薬によると、国内では今年後半にフェーズ1試験を開始する予定。海外での臨床試験の進捗状況や結果を勘案し、効能・効果の追加を検討するとしている。


【関連記事】
中外製薬、売上高など過去最高の業績
米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬
エポジンの効能追加を申請―中外製薬
中外、「アバスチン」の追加適応を取得

<高木美帆選手>姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
<10年度予算案>年度内成立へ 3月2日までに衆院通過(毎日新聞)
<伊丹空港>「存続協定」見直し必要…橋下知事が発言(毎日新聞)
<医療事故書籍>集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定(毎日新聞)
米、原発新設に融資保証、30年ぶり再開、日本企業にも商機(産経新聞)

沖縄の希少動物 事故死相次ぐ カンムリワシ、イリオモテヤマネコ…運転注意(産経新聞)

 世界自然遺産の登録を目指している琉球諸島で、国の特別天然記念物など希少動物の交通事故が相次いでいる。増える一方の事故に、沖縄・石垣島では14日から、カンムリワシの保護キャンペーンがスタート。環境省は昨年11月、アマミノクロウサギについて非常事態宣言を発令したが、受難続きは、イリオモテヤマネコやヤンバルクイナも同様だ。今年は国連が定めた国際生物多様性年に当たることから、環境省は希少種の保護に頭を抱えている。(杉浦美香)

 カンムリワシは、石垣島と西表(いりおもて)島に生息する体長約50センチのタカ科の鳥。両島にそれぞれ約100羽いると推定されているが、今年は石垣島だけで19日までに4羽が交通事故に遭っており、過去最多だった昨年1年間の6羽に迫る勢いだ。

 石垣自然保護官事務所によると、エサになる蛇やカエルなどの死骸(しがい)を食べているところを車でひかれるケースが多いといい、竹永泰雄自然保護官は「冬はエサが減るため、車にひかれた動物の死骸を食べるために道路に出てくるカンムリワシが多い。ゆっくり走行すれば事故は回避できるはず」と話す。

 鹿児島・奄美大島では、アマミノクロウサギの事故死(犬猫に襲われる例も含む)が平成19年ごろから急増。環境省は昨年11月17日、1週間の非常事態宣言を出して通行車両にチラシを配るなどして運転手に注意を呼びかけたが、結局昨年の事故死は88件に上り、このうち約半数が交通事故とみられている。

 奄美野生生物保護センターによると、天敵であるマングースの駆除が進められているため生息数が増加傾向にあることも要因だが、生息地を道路が分断していることから事故が多発しているという。

 沖縄本島北部に約1000羽余生息するとされるヤンバルクイナの交通事故死は19年に21件、20、21年には各16件に及んだ。西表島に約100頭生息すると推定されるイリオモテヤマネコの交通事故死は、例年1〜2件だったのが今年はすでに2件起きている。

 環境省自然環境計画課は「世界自然遺産の推薦候補地の一つとして、琉球諸島は固有種が多いことが特徴になっている。固有種を守るためにも事故死を防ぐ対策が必要だ」と話している。

<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
新作用機序のがん治療薬の独占開発・販売でライセンス契約―中外(医療介護CBニュース)
ゆるキャラ「江姫」苦戦(産経新聞)
雑記帳 ストップ温暖化『一村一品』 鳥取県北栄町が受賞(毎日新聞)
公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も−厚労省(時事通信)

<普天間移設>シュワブ陸上部、国民新党が提案へ(毎日新聞)

 国民新党は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案に加え、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部への移設を提示する方針を固めた。17日に開かれる政府・与党の沖縄基地問題検討委員会(委員長=平野博文官房長官)で提案する。

 キャンプ・シュワブに移設する場合、キャンプ内に新たに滑走路などを建設する一方、訓練の一部をサイパンやグアムに移転することと組み合わせる方向だ。

 ただ、地元の名護市では1月の市長選で、キャンプ・シュワブ沿岸部を移設先とする現行案への反対を訴えた稲嶺進市長が当選。同市長は「陸だから良い、ということにはならない」と語っている。嘉手納統合案も一部訓練の米軍三沢基地(青森県)などへの分散・移転とセットとしているが、既に地元首長らが「騒音は変わらない」と反対している。【朝日弘行】

【関連ニュース
小沢幹事長:極東の安全保障 米抑止力が重要
普天間移設:社国両党の提案聴取後、政府内で絞り込みへ
普天間移設:共産党書記局長が与党議員のグアム視察を批判
テニアン移設案:官房長官は慎重、防衛相も 普天間飛行場
北沢防衛相:陸自連隊長の処分など検討

2010年度診療報酬改定のポイント(2)(医療介護CBニュース)
米公聴会には出席しない意向=一連の品質問題で−トヨタ社長(時事通信)
1億2千万円被害 振り込め詐欺「出し子」写真公開 (産経新聞)
石川議員の離党を了承=民主(時事通信)
HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)

【ショートトラック】駆けろ「美馬」 名付けた祖父も応援(産経新聞)

 「もっと速く」と挑み続けた“美しい馬”が夢の大舞台に立つ。12日(日本時間13日)、開幕したバンクーバー冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック女子に出場する堺市出身の桜井美馬(びば)選手。メダルの期待も高い20歳のエースだ。本人もお気に入りというユニークな名前は、馬が好きな祖父、井沢徳三郎さん(79)=大阪府吹田市=が付けた。自他ともに認める「一番のファン」が海の向こうで戦う孫娘にエールを送る。

 桜井選手がショートトラックを本格的に始めたのは小学1年。堺市の自宅近くにある府立臨海スポーツセンター(高石市)のスケート教室に通っているとき、同施設を本拠地とするスケートクラブのコーチから誘われた。

 ヘルメットを付けて氷上を疾走する姿に、母の順子さん(50)は当初、転倒を心配して「女の子らしいフィギュアもいいのでは」と言ってみた。

 「でも『このままでいい』って。スピードにひかれたのかな。転んでも楽しそうに笑っていた。この子は本当に速く滑ることが好きなんだ、とあきらめた」

 桜井選手は地元の市立浜寺南中学校を卒業後、「もっと速くなりたい」と単身上京。今年は進学先の早稲田大を休学し、五輪出場へ集中してきた。

 そんな姿をだれもが認める「一番のファン」として見つめ続けてきたのが祖父の井沢さんだ。娘の順子さんが生んだ3人の孫の名付け親でもある。

 午年生まれで子供のころに馬を飼っていたことから、すべて馬が付く名前にそろえた。兄は雄馬(ゆうま)(22)、弟は冬馬(とうま)(18)、そして真ん中の女の子は美馬。ほかにはない名前であってほしいと「みま」ではなく「びば」と読ませた。

 子供のころは名前をからかわれ、嫌がることもあった孫娘が国際大会で活躍するようになった高校生のときに変わった。

 イタリア語でバンザイを意味する「Viva」と音が似ていて、外国人選手にすぐに名前を覚えてもらえるのだ。「この名前で良かった」と言ってくれるようになったという。

 「付けたときはバンザイなんて知らなかった。でもスポーツ選手として最高の名前やね」

 井沢さんは国際大会を含めてほとんどの試合に応援に駆けつけ、「目標はオリンピックや」と発破をかけた。「おじいちゃんをバンクーバーに連れて行ってあげたい」と孫娘が口にするようになったのは、2年前の全日本選手権で初めて総合優勝したころから。昨年12月、最終選考会を兼ねた全日本で総合優勝し、約束を果たしてくれた。

 井沢さんは「現地で応援したい」と荷造りまでしていたが、病気と高齢を理由に医者から止められ、やむなく断念。メダル獲得を祈りながら日本で応援する。

 「本当は向こうで『美馬! ビバ!』って言いたかったが…。やるときはやるという強い意志を持っている子。きっといい結果を残してくれる」

     ◇

 桜井選手は、開会式翌日の日本時間14日、女子500メートル予選(開始午前10時45分)、女子3000メートルリレー予選(同午前11時49分)に出場する。

【関連記事】
Sトラック女子日本勢、リレーのタッチを最終確認
桜井は思い詰めた表情 体調不良の藤本は休み ショートトラック
桜井美馬が“荒れ馬場”を歓迎 Sトラック
ショートトラック陣が五輪会場で初練習
Sトラックの桜井、小沢らが初練習 バンクーバー五輪

足利事件 検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪(毎日新聞)
救急・産科などに手厚く、診療報酬改定を答申(読売新聞)
小沢氏訪米までに普天間解決を=細野氏(時事通信)
ハイチ大地震 NGO代表の医師、メールで「感染症心配」(毎日新聞)
<雑記帳>ストップ温暖化『一村一品』 鳥取県北栄町が受賞(毎日新聞)

おこちゃま政権のむなしすぎる国会論戦(産経新聞)

【政治部デスクの斜め書き】

 「命、命…。ボクはみんなの命を守りたい。地球の命を守りたい!」

 素晴らしい。ホントにそうだね。でも、君は命のホントの重さが分かってるのかな?

  [フォト]鳩山首相のドラクエ作戦「いのちだいじに」

 「もちろんさ! みんなが友に愛すればいいんだよ。友愛さ。これで世界はみんな幸せになるよ。世界だけじゃない。宇宙も幸せになるよ!」

 なるほど…。確かにそうだね。それなら、どうしてアメリカの友達に「うちから出て行け」って言うんだい?

 「だって、乱暴だし、でっかい武器を持っているし、それに騒がしいから迷惑なんだよ」

 君がひ弱でいじめられそうだから、アメリカの友達が守ってくれようとしているってことはないのかな?

 「近所の友達はいじめっ子なんかじゃない。信頼してあげないとダメだよ。それにアメリカの友達がうちにいるときには、ちゃんとお小遣いも渡しているじゃないか!」

 それじゃあ、アメリカの友達は友達じゃないじゃないの? そういうのをカネで雇った「用心棒」というんだよ。

 「何言っているんだよ。アメリカ人はボクの無二の親友だよ!親友だから守ってくれるのは当然だよ」

 ああ、親友なのか。

 「もちろん、そうさ。困ったときに助けあうのが親友だろ?」

 ふ〜ん。じゃあ、親友だったら、アメリカの友達が困った時には君が助けてあげるんだね。

 「それは無理だよ。うちの家は暴力は絶対ダメだって決められているし…。それに危ないモノを使ったり持ち込んだりすることは絶対にダメだよ!」

 なるほど…。でもアメリカの友達は、君が危険な目にあったら「命がけで守る」って言っているんだろ。

 「そりゃそうさ。ボクのアメリカの友達はすっげーっ強いんだよ」

 すごく強い友達だから助けなくていい。だから自分がいじめられたら助けるべきだ。でも、乱暴で迷惑だから家には出入りしてほしくない。それって、すごく自分勝手じゃない? それで友情はなりたつの?

 「僕を信頼してよ!」

 そう言われても信頼の証はあるの?

 「それは5月までに必ずみせるからさ〜」

 わかった。じゃあ話題を変えよう。君はママからこっそり月1500万円もお小遣いをもらっていたってホントかい?

 「ボク、知らないもん!」

 君の小遣い帳には近所のオジさんやオバさんにもらったと書いてあるけど、死んだ人の名前まで書いてあるよ。お墓から出てお小遣いをくれたのかな。

 「ボクは知らない。お手伝いさんが勝手に小遣い帳をつけていたんだ」

 じゃあ、君が学校の友達に気前よくおごっていたお金はどこから出てきたのかな。

 「ボクの家は恵まれているから、小遣い帳のことなんか知らないんだ」

 あ〜っ、分かった。サンタさんがくれたんだ! でもサンタさんは年に1回クリスマスにしか来ないんだよ。君だけに毎月にようにサンタさんが来るのはおかしいと思わないの? しかも普通の子供よりもずいぶんゴージャスなプレゼントだよ。君の弟は「ママからもらった」と認めているじゃないか。

 「学校の先生(検察)がそう言うならばそうかも知れなません。でもボクは知らなかったんだ」

 たぶん、君が寝ている間に、ママとお手伝いさんが君のお財布をいっぱいにしてくれていたんだと思うよ。でも、毎朝起きたらお財布がいっぱいになっていて、不思議だとは思わなかったの? それにこんなにお小遣いをもらったら「税金」というものを払わないといけないんだよ。

 「先生が言うから払いました…」

 自分ではママからもらったとは思わないけど、先生がいうから税金だけは払ったの? いくら?

 「6億円…」

 すごいね! そんなお金普通の人は持ってないよ。その税金はどこから払ったの?

 「…」

 自分の言葉に責任を持ち、家族の面倒を見て、自分の責任は自分で取る。それが大人だよ。君はホントに大人になりたいの?

 「ぼくは命を守りたい。それだけなんです…」

 命は大事だ。でも、人の命をミミズやオケラと同じに考えてはダメだよ。

     × × ×

 鳩山政権は「歴史的な政権交代」といまだに言っているけど、その歴史的通常国会の国会論戦を意訳すればこの程度…。あまりにバカらしくないか。こんな「おこちゃま政権」の支持率がなお4割。つまり日本人の4割が「おこちゃま」だということなんですかね…。(石橋文登)

【関連:政治部デスクの斜め書き】
馬淵氏はどんな悪いことをしたのか
鳩山首相は足利義政か 問題を先送りする優柔不断さ
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…
「戦ってください」密談バラした首相の真意
官房長官は一人で「いい子」になろうとしているのか?

<鳩山首相>子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話(毎日新聞)
北教組事務所を捜索、民主・小林議員側への資金提供疑惑(産経新聞)
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ(産経新聞)
<山形大>「文章のいろは」必修科目に(毎日新聞)
<室温調査>北国ほどぽっかぽか 1位北海道、2位青森(毎日新聞)

<大麻所持>ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕(毎日新聞)

 神奈川県警薬物銃器対策課と川崎署は10日、東京都目黒区下目黒4、ミュージシャンの竹前裕容疑者(38)を麻薬取締法違反(所持)容疑で逮捕した。「自分のものに間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は10日午後5時55分ごろ、自宅居間にあった容器と灰皿に、乾燥大麻計約2グラムを入れて持っていたとしている。パイプと巻紙も見つかり、竹前容疑者は「吸うために持っていた」と供述しているという。

 竹前容疑者は「YOU THE ROCK★」の名で、ヒップホップミュージシャンとして活動している。【山田麻未】

【関連ニュース
覚せい剤:病院事務部長を使用容疑で逮捕 神奈川県警
覚せい剤:末端価格1.5億円 所持の容疑者逮捕
薬物密売団:愛知県警などが摘発 イラン人容疑者を追送検
覚せい剤所持:名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘
大麻所持:ネパールで日本人容疑者逮捕 搭乗図る

普天間に複数の選択肢、と米上院議員(読売新聞)
荒川区の小学校 徴用と拉致同一視 女性講師、児童に説明(産経新聞)
無職少年「指示され包丁万引き」…石巻3人殺傷(読売新聞)
<中医協答申>病院勤務医を重視 4月実施(毎日新聞)
「総裁の名は捨てろ」堀内氏が自民批判寄稿(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。