So-net無料ブログ作成

<ザ・コーヴ>上映中止問題を考えるシンポ 550人が参加(毎日新聞)

 和歌山県太地町のイルカ漁を批判的に取り上げた米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ(入り江)」(ルイ・シホヨス監督)の上映中止問題を考えるシンポジウムと上映会が9日、東京都中野区で開かれ、約550人が参加した。

 パネリストとして参加した映画監督の森達也さんは「この騒動がこのまま終わってしまえばあまりに不毛だ。まず、見てから議論してほしい」と語った。出演者の一人、リック・オバリーさんは「この映画は米アカデミー賞だけでなく、各国でたくさん受賞している。上映が妨げられたのは残念だ」と語った。

【関連ニュース】
ザ・コーヴ:出演者が来日 「上映をお願いしたい」
米映画:「ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに イルカ漁批判
ザ・コーヴ:上映中止…抗議相次ぎ 渋谷の映画館
ザ・コーヴ:上映中止に反対声明 監督ら55人
アカデミー賞:「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画

富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)
民主党 主な新役員の会見要旨 玄葉政調会長(毎日新聞)
がん組織、有機ELで発光=早期発見に活用も―群馬大(時事通信)
郵政法案先送りなら連立離脱も=国民新・自見氏(時事通信)
藤本美貴さんがタクシーと追突事故(産経新聞)

「維持員席」調達に74万円=2席分、親方側支払い―名古屋場所、暴力団観戦(時事通信)

 大相撲の親方2人が指定暴力団山口組弘道会傘下の組長らに土俵下の「維持員席」で観戦できるよう便宜を図ったとされる問題で、昨年の名古屋場所で親方に席の取得を依頼した自称コンサルタント業の男性が、2席分の対価として計約74万円を入場券を取り扱う相撲案内所に支払っていたことが27日、愛知県警への取材で分かった。県警によると、金額は適正で、親方側は仲介手数料などは得ていないという。
 便宜を図ったとされるのは木瀬親方(40)=本名坂本直人、元幕内肥後ノ海=と清見潟親方(64)=同・和田一男、元幕内大竜川=。
 県警によると、木瀬親方は2004年ごろ、この男性からテレビに写る「向正面」の維持員席を取るよう依頼され、清見潟親方を通じて案内所で2席を入手。数年前からは木瀬親方が直接、案内所に手配するようになったという。
 木瀬親方は昨年の名古屋場所でも2席を調達。男性は同親方を通じ、1席当たり約37万円(15日分)、2席で計約74万円を案内所に支払った。2席では場所中、弘道会系の組長らが観戦した。
 同場所では、親方ルート以外にも、遊技会社社員が案内所で4席の維持員席を入手し、暴力団側に流れていたことも県警への取材で判明。社員側からは適正な額とされる1席当たり約40万円(同)が支払われた。 

【関連ニュース】
振り込め詐取金で借金返済させる=容疑で稲川会系組長逮捕
コートジボワール元外交官逮捕=賭博店に部屋提供容疑
SMAP公演、入場券配布方法見直し=混乱回避へ日本も要請
後藤組元組長に逆転有罪=ビル所有権虚偽登記
暴力団幹部3人を逮捕=会社経営者殺人

<ゾウガメ>39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)
大阪の公立小中の先生、2600人定数割れ(読売新聞)
最も安いと思う魚は「サンマ」、では最も高いと思う魚は?(Business Media 誠)
<外交文書>作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則(毎日新聞)
お台場でTOKYOウオーク(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。